エアコンを使わないで涼しくなる方法

扇風機にあたる女性

暑い夏。エアコンばかりに頼っていると、体調を崩してしまったり電気代もかさんでしまうので、なるべくエアコンに頼らずに過ごしたいものです。

そこで、エアコンを使わないで手っ取り早く涼しくなる方法をご紹介しましょう。

その方法とは、首を保冷剤で冷やすだけなのです。

タオルの真ん中に保冷剤を入れて、首に巻くだけで完了!

こんな感じです。

保冷剤とタオルを使った首を冷やすグッズ

保冷剤とタオルを使った首を冷やすグッズその2

首を冷やすタオルを後ろから見た画像

首を冷やすタオルを前から見た画像

首には太い血管が通っていて、この部分を冷やすことによって体温を効果的に下げる事ができます。

使用する保冷剤は、スーパーでもらうような小さい保冷剤です。

首を冷やす保冷剤ロングタイプ

首を冷やす保冷剤ショートタイプ

あまり大きいのもだと冷えすぎて肩が凝ったりするので、小さい保冷剤を沢山冷凍して、数回に分けて使用すると長時間首を冷やす事ができます。

首を冷やすグッズも商品としてはありますが、保冷剤が溶けるとまた冷やす必要があり、予備に2つくらいは必要なので、家やオフィスなどで使う分には保冷剤とタオルで十分だと思います。

保冷剤を凍らす時のポイントとして、少しカーブを作って凍らしておくと首に巻いた時に、良い感じでフィットするので試してみて下さい。

涼しくても水分と塩分の補給は必要

首に保冷剤を当てると涼しくてつい暑いのを忘れがちですが、汗は必ず出ています。

気付かないうちに熱中症になってしまう危険もあるので、水分と塩分補給は意識して小まめに行いましょう。

私のデスクには常に塩分補給用のタブレットとミネラルウォーターが置いてあります。

熱中症対策タブレットと水

この私の使っているサーモスタンブラーは冷たい飲物との相性が良く、かなりの時間冷たさを保持してくれます。

結露もしないので、夏は本当におすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ