宝くじの高額当選者が体験する7つの前兆!

宝くじの高額当選者が体験する7つの前兆!

宝くじに高額当選したい方はこんな風に思っているのではないでしょうか?
・宝くじに高額当選する前兆を知りたい
・高額当選する前兆を知り、自分もチャンスを掴みたい

今回は、高額当選者の体験談を例に挙げて、解説していきたいと思います。
宝くじは、金額の多い少ないはありますが絶対に当たります!
一緒に夢をかなえましょう!

ロト6で3等を当てた私の経験

ロト6で3等があたったときの状況はこんな感じでした。
・宝くじを買う1時間ほど前に仕事関係の入札でくじ引きがあったが外れている。
・当たる前の1~2ヶ月は、数字がかすりもせず、5等すらも当たらなかった。
・毎回の購入金額は、1回200円と決めていた。

1年間、週1回ロト6を購入、1回の購入金額200円で買い続けた企画を自分で行った。その結果、

使ったお金
・ロト6 51回×200=10,200円

入ってきたお金
・5等当選3回×1,000=3,000円
・4等当選1回×9,400=9,400円

合計の差額は、2,200円のプラスになりました。

こんな経験を持つ私が解説していきます。

1.宝くじに高額当選する人が体験する7つの前兆!

宝くじに高額当選する人達に共通するのは、当たる数日前からいつもと違う前兆を体験している人が多くいるということです。

せっかく自分にチャンスが来ていても、宝くじを購入していなければお金を手にすることはできません。

宝くじに高額当選する前兆を知り、これから訪れるチャンスを掴んでいきましょう!

1-1蛇が出る夢を見る

蛇が出る夢を見たら宝くじに高額当選する前兆だとよく言われます。ただ、夢の中で蛇がどのように現れるのか、また蛇に対して自分自身がどのように感じるのかで良い意味と悪い意味に分かれるそうです。

蛇を見た夢の内容夢の意味
大きい蛇に遭遇してうれしかったり、楽しくなった場合主に金運が上昇するサインです。
大きい蛇に遭遇して怖い、気持ち悪いと感じた場合不幸のサインです。
小さい蛇に遭遇してうれしかったり、楽しくなった場合小さな幸運が訪れるサインです。
小さい蛇に遭遇して怖い、気持ち悪いと感じた場合日常的に小さな不運に見舞われるサインです。
毒蛇の場合災難、病気、憎しみなどこれらのトラブルに巻き込まれる可能性があります。
遭遇した蛇の色が白色だった金運アップが期待できます。
遭遇した蛇の色が金色だった金銭面で幸運が訪れるサインです。
遭遇した蛇の色が緑色だった生きるエネルギーにあふれています。
遭遇した蛇の色が黒色だった災いに襲われる前兆です。
蛇に噛まれた夢健康が低下するサインです。
蛇を飼う場合自分自身の手で幸運を掴みとれそうです。
蛇を捕まえる場合金運アップのサインです。
たくさんの蛇に囲まれる場合運勢が急上昇するサインです。
蛇から逃げる、襲われる場合メンタル面が追い詰められている暗示
蛇に巻き付かれる場合夢を見た人自身の性的な欲求が高まっているサイン
蛇が脱皮する場合心身ともに新しい旅立ちを迎える事を表す
蛇を踏んだ場合全体的に幸運を表す夢
蛇料理を食べる場合心身ともに上向きになるサイン
蛇を殺す場合仕事などの経済面で成功を納めることが期待されます
蛇に殺される現状をリセットしたいという気持ちの表れで、その願いが叶うサインです
死んだ蛇が生き返る場合抱えていた問題が解決したり、環境が変わったりと良い方向へ向かうサインです

1-2高額当選の前に小さい当たりが続く

高額当選の前兆で小さい当たりが続くこともあります。
小さい当たりが続くということは、金運が上がっている目安にもなります。
大切なことは宝くじを買い続けないと、自分の運気の流れが分からないという点です。

1回の購入金額は少額で良いので、買い続ける事が運気の流れを見るという点でも大切なことではないでしょうか。

宝くじで高額当選した方の体験談を見ていきましょう!

北海道の会社員、N.Kさん(54才)は10年以上のジャンボ宝くじファン。
もちろん目指すは億万長者で、毎回、買ってきた宝くじ券を神棚に保管して「当たりますように」との祈願を欠かしません。
そしてある時、2ジャンボ続けて1万円、5万円に小当たりし、「ひょっとして、大当たりの前兆では」と大いに期待がふくらんだそうです。
「訪れた幸運を逃さず、大きく実らせたい」、そんな気持ちで買ったのが、続くグリーンジャンボ。結果は、なんと1等・前後賞合わせて2億円的中という快挙。

出典:<宝くじ公式サイト 第488回全国自治宝くじ グリーンジャンボ>

愛知県の主婦、E.Nさん(53才)の趣味は、宝くじと懸賞への応募。
どちらも長いこと楽しんでいて、宝くじでは500万円に当せんした実績があります。その当せんから10年後、今度は懸賞で自転車当せんという中くらいのヒット。しかも2台が立て続けに届いたことから「いま宝くじを買うと大きなものに当たりそう」とピンときたとか。
さっそく発売中だったドリームジャンボを連番とバラ、各10枚を購入したところ、バラの中の1枚が2等1億円にズバリ。「やはり予兆を逃さないのが秘訣」と語るEさんでした。

出典:<宝くじ公式サイト 第490回全国自治宝くじ ドリームジャンボ>

富山県のT.Mさん(65才)は10年以上のジャンボ宝くじファン。
「いつか大当たりを」「なんとしても高額当せん」、そんな意気込みで毎回10枚ずつ購入していましたが、たいてい当たりは末等300円のみでした。
そしてある時、オータムジャンボ、年末ジャンボと、1万円に当せん。
運が向いてきたなと感じ、続くグリーンジャンボでは、当たりそうな予感が高まって抽せんが待ち遠しかったとか。
結果は、予感的中、1等の前賞2,500万円ゲット。
思わず「今度はズバリ1等だ」と期待してしまいそうな上り調子ですね。

出典:<宝くじ公式サイト 第470回全国自治宝くじ グリーンジャンボ>

「大当たりのきっかけは、あたりくじ付きのお菓子」というユニークな方は、埼玉県の会社員、M.Eさん(30才)
お菓子のくじが当たったのがうれしくて、なんとなく、もっと良いことが起こりそうな気がして宝くじを買うことにしたそうです。
ちょうど発売していたのがドリームジャンボ。
買った50枚の宝くじ券を、お菓子の当たりマークの上に置いて保管すると、結果は、なんと1等・前後賞合わせて3億円にズバリでした。

出典:<宝くじ公式サイト 第457回全国自治宝くじ ドリームジャンボ>

高額当選者の体験を簡単にまとめると

  • 購入歴10年以上、神棚に保管、続けて小当たり当選。
  • 趣味は宝くじと懸賞の応募、500万円当選から10年後、懸賞で自転車2台当選後、1億円当選。
  • 購入歴10年以上、続けて小当たり当選、1等の前賞2,500万円。
  • お菓子のくじが当たって、宝くじを購入、3億円当選。

この体験談から共通していることは、

  • 宝くじの購入歴が10年以上
  • 当選直前に小当たりが続く

このように、小当たりが続いたときは宝くじの枚数よりも、購入回数を増やしたほうが当たる確率がぐっと増えそうですね。

ロトやtotoなど毎週発売の宝くじがあるので、チャンスを逃さないようにしましょう!

1-3いつもと違う何かを感じ、宝くじを買った時

私がロト6の3等に当選したときは、これと言って予感のようなことはなかったのですが、直前に仕事の大事なくじ引きで思いっきり外し、悔しい気持ちが冷めないままロト6を購入しました。

私自身も嫌な予感がした時に何も対策をせず悪い事が起こったり、対策をして回避したこともあるので、皆さんも直感を信じて宝くじを購入してみてはいかがでしょうか。

ここでも、高額当選者の体験談を参考にしていきましょう!

石川県の水産業、N.Yさんは、45才にして宝くじを初購入。
それまでは「宝くじに当たるなんて夢のまた夢」という気がして、買おうとは思いませんでした。しかし、テレビや雑誌で当せんエピソードをたまたま続けざまに見聞きし、「自分も当たるのではないかと思った」のだとか。まずは自分で数字が選べるミニロトに挑戦しようと、2通りの数字を1口ずつ買ってみたところ、なんと一方が1等にズバリで、1,003万7,800円獲得。
「何ごともチャレンジですね」との感想は、説得力がありますね。

出典:<宝くじ公式サイト 第258回 ミニロト 1等1,003万7,800円当選>

神奈川県の主婦、H.Sさん(88才)の幸運のきっかけは、日課である夕食の買い物。いつも献立が決まらず苦労するのですが、不思議とその日はすぐ決まって買い物が早く終わったそうです。時間に余裕ができたので本屋にでも寄ろうと思い、ふだんは通らない道を行くと宝くじ売り場があり、「最終日ですよ」と声をかけられました。
なんだか導かれたようなタイミングに気を良くしてサマージャンボを購入。
帰宅後は風水を意識して黄色いタオルに宝くじ券をくるんで保管したところ、見事、3等1,000万円に的中。発売最終日の「残り福」をがっちりつかみましたね。

出典:<宝くじ公式サイト 市町村振興 第493回全国自治宝くじ サマージャンボ>

宝くじにまつわる幸運エピソードには、思いがけないものがたくさんありますが…。山形県のHさんの場合、大当たりのきっかけはなんと子供の「トイレに行きたい」のひと言。ちょうど買い物が終わって帰ろうというところだったそうで、子供がトイレから出てくるのを待つことになりました。そのとき、ふと目についたのが宝くじ売り場。

なんとなくロト6を買ったのですが、これが2等1,352万300円に当たったので、ご本人もびっくり。
仲良し親子の連係で引き寄せた幸運、でしょうか。

出典:<宝くじ公式サイト 第121回 ロト6

千葉県の会社員、K.Hさん(30才)の自宅の敷地内には100年以上前に建てられた蔵があり、あるとき老朽化した屋根を新しく直しました。そして改修後まもなく、その蔵の屋根がやけにキラキラ光って見えたそうです。「これはなにかのサインだな」と感じ取ったKさん、すでに購入していたドリームジャンボ50枚の保管場所を、さっそく蔵の中に変えたという、その行動力たるやさすがです。ひらめき作戦が効いたか、お見事、1等・前後賞合わせて3億円にドンピシャリでした。

出典:<宝くじ公式サイト 第457回全国自治宝くじ ドリームジャンボ>

長年の宝くじファンである東京都のS.Iさん(61才)は、「金の成る木」という観葉植物を買って育てていましたが、ほどなく枯れてしまいガッカリ。
でも、なかなか捨てられなかったそうです。ところが昨年 4月、なんと枯れたはずの木が花をつけたからビックリ仰天。とても嬉しくて、毎日手入れをすると花の数はどんどん増え、急に活き活きしてきました。
「これは本当に金が成る」と妙に確信しながら、サマージャンボを購入。「きっと当たる」という予感は見事に的中し、1等・前後賞合わせて3億円にズバリでした。

出典:<宝くじ公式サイト 市町村振興 第479回全国自治宝くじ サマージャンボ>

高額当選者の体験を簡単にまとめると

  • テレビや雑誌で当選エピソードをたまたま続けざまに見聞きし、自分も当たるのではないかと思った。
  • ふだんは通らない道を行くと宝くじ売り場があり、「最終日ですよ」と声をかけられた
  • 子どもを待っている時に目についた宝くじ売り場で、なんとなくロト6を購入し、2等に当選
  • 自宅の蔵の屋根がきらきら光って見えた事で何かを感じ取り、ドリームジャンボの保管場所を蔵に変えた
  • 一度は枯れてしまったはずの金の成る木にどんどん花が増えていった

この体験からも分かる通り、いつもと違う何かが起こりそれを感じとっていたんでしょうね。

1-4悪い事が続いている時

小さな悪いことが続いている時や事故にあった直後も宝くじに高額当選する前兆です。

悪いことが続いたとしても、その後には必ず良いことがやってくるので、悪いことが続いたときこそチャンスだと思いましょう!

 totoBigの1等6億円に見事当選した唱田士始矢(うただとしや)氏も、宝くじに当選する1ヶ月前はシステムエンジニアの派遣社員として東京の生命保険会社で働いていましたが、解雇されていたそうです。

1-5良いことが続いている時

良いことが続いている延長で更に良いことが起こることもよくあることです。

ひらめいたときに宝くじを買っている東京都の会社員、A.Nさん(49才)。
10年以上買っていて最高3,000円の当せん実績でしたが、夏に引っ越してから、一気に“当たり”に縁がでてきました。まず、商店街の福引きで温泉旅行に当せん。宝くじでもスクラッチやナンバーズで万円台の当たりが目立つように。
ついでに車を車庫の塀に“当てた”オマケもありましたが、勢いづくままに年末ジャンボ50枚を購入し、不安と期待が半々のような胸騒ぎを感じていたところ、なんと「まさか」の2等1億円にズバリでした。

出典:<宝くじ公式サイト 第466回全国自治宝くじ 年末ジャンボ>

この方のように、引っ越してから急に運気が上がったということは、方位学的に言うと、吉方位に引っ越したことも考えられますね。

温泉旅行が当選したり、数字選択式の宝くじで数万円の小当たりが目立つようになり、車を車庫の塀に「当てた」ということで胸騒ぎを感じていたそうです。

そう言えば私自身も、過去に良い事や悪い事が起こった年もあったことを思い出しました。

そんな時に宝くじを継続的に購入しておけば良かったんですね。

1-6薬指や小指の下にスター線が現れている時

自分の手相に幸運のスター線を書き込む

薬指や小指の下にスター線が現れている時は、宝くじで高額当選する確立がぐんと上がります。

スター線は、一生のうちに数回しか現れず現れたとしても2~3週間で消えてしまうので、毎日寝る前にチェックしてみましょう!

ちなみに現在、私の左手小指の付け根あたりに薄く小さいですがスター線が2つ並んでいるので、ロト6やメガビックを毎回購入しています。

開運する日にロト6を買おう!私がおすすめする開運カレンダー

1-7ご先祖様の夢を見る

ご先祖様の夢を見る場合は、夢を見た本人にご先祖様が何かを伝えようとしているのかもしれません。

ご先祖様は自分を守ってくれるものと信じ、何か言っているのであればその言葉を受け入れてみるのもいいですね。

宝くじ購入歴40年のベテラン、東京都のKさん。
年末ジャンボも、もちろん購入していました。
しかし、いつもと違ったのは、抽せん日までの夜に強烈な夢をみたこと。
とつぜん先祖が現れて「お金をあげるから、むだ遣いするな」と言われる内容だったので、かなりびっくりしていました。
そして肝心の結果はというと、ご本人も「まさか」の2等1億円に大当たり。夢のお告げ通りだなんて、不思議ですね。

出典:<宝くじ公式サイト 第484回全国自治宝くじ 年末ジャンボ>

2.高額当選の前兆知り、チャンスをつかもう!

高額当選者のほぼ全員に共通していることは、宝くじを継続購入していることです。しかも、10年以上も!

当たらない人は、当たらないからと途中で宝くじの購入を止めてしまうので、当たらないんです。

かつて動物占いで一世を風靡し、億万長者になった弦本将裕(つるもとまさひろ)さんは言っています。「宝くじが高額当選するのは、10年に3日だけ!」

運気グラフ

まさに高額当選者は、その10年の内の3日を継続購入することでチャンスをものにした人達なんですね。

この数少ない高額当選のチャンスを逃さないようにするには、宝くじのネット購入がおすすめです。

スマホ一つあればどこにいても24時間宝くじが購入できるので、チャンスを逃すことがありません。

宝くじのネット購入については、宝くじをクレジットカードで買う方法とおすすめのクレジットカード3選!をご参考ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ