部屋の寒さ対策に防寒つなぎを買ってみた!

防寒つなぎ

寒い時期になると家中暖かい訳ではないので、他の部屋に行くのがおっくうになります。

今までは沢山着込んで防寒対策をしていたのですが、防寒パンツが古くなったので買い替える事に。

これまで使っていた防寒パンツはあまり暖かくはなかったので、極寒の冬を快適にすべく防寒つなぎを購入する事にしました。

今回は、私が部屋の寒さ対策に購入した防寒つなぎについてレビューしたいと思います。

私がつなぎを選んだ基準は、暖かさ、着やすさ、価格。

私がつなぎを選んだ際の基準は、暖かい事と着やすい事、それに低価格である事です。

暖かさは使用するのが部屋の中だけなので、保温が中程度であまり蒸れない程度のもの。

着やすさは、トイレや水仕事の時などはつなぎを脱ぐので、1日に数回脱いだり着たりすることがあります。

生地の裏がツルツルしたイーブンリバー4930は、生地同士の摩擦を気にすることなく簡単に着れてしまいます。

価格は、ホームセンターで売っている防寒つなぎと変わらず、送料込で¥5,000円以内なのでこの商品に決めました。

防寒つなぎイーブンリバー4930

「EVERIVER(イーブンリバー)」中綿キルティング防寒ツナギ/4930

実際に着てみた感じは?

実際に着てみて暖かく、大満足です。

私の家の暖房が入っていない別の部屋は、寒い時は0~2°C位なのですが、この防寒つなぎを着るとまったく寒くありません。

逆に体が暖かいので、手足や顔が冷たく感じます。

今までは部屋にいても暖房から離れていると寒かったのですが、このつなぎを着て暖房のついた部屋にいると、今までの寒さは何だったんだという感じです。

つなぎの着やすさは前ががばっと開き、内側の生地がツルツルなので簡単に着る事ができます。

上下に分かれた防寒着よりも早く着る事ができ、たくさん着込んでいてもゆったりしているので動きやすい。

前のファスナーは、小便がし易い様に2つ付いています。

防寒つなぎのファスナー部分

防寒つなぎのファスナー部分の拡大画像

フード部分もボタンで取外しが可能。

防寒つなぎのフード部分

ポケットは沢山付いていて合計7ヶ所、左袖にペン差しが付いているので便利に使えます。

この商品の少し残念な点

このつなぎは結構暖かく私は気に入っているのですが、少し残念な点と言えばマジックテープの調整幅が少ないという事です。

足首は多少絞れるのですが、手首とウェスト部分は全然絞れず、ほぼ無いに等しいです。

私の様な痩せ型体形は、ウェスト部分を絞る事ができると動きやすい気がするので、そこのところが残念です。

手首は逆にゴムがきつく、マジックテープを外しても腕まくりをする事ができないので、手を洗い辛いかも。

この防寒つなぎの注意点

このつなぎの使用でちょっと気を付けたいことは、この服を着たまま火に近寄らない事です。

下手に火が服に燃え移ると、一瞬で火だるまになってしまうので注意が必要です。

もう一つは、つなぎを着たままトイレに行かない事。

立って小便をする男子便所だと確実に跳ね返りを食らいます。まめに洗濯するのなら別ですけど。

防寒つなぎはどのような用途に使えるか?

この様な防寒つなぎはどのような用途に使えるか?と考えると、まず魚釣りでしょう。

それから、バイク通勤の方も良く購入されています。

後は私と同じく部屋着に使ったり、寒い部屋での作業(洗濯物を干す、掃除機をかける、片付け等)です。

あまりお勧めできないのは屋外で体をハードに動かす作業の方で、この防寒つなぎを着て作業すると必ず汗だくになります。

車屋さんや農業などの汚れる仕事の方も頻繁には洗濯できないので、あまりお勧めできません。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ