むくみが顔のたるみの原因だった!むくみを解消する生活習慣

肌に悩む女性

40代になると加齢とともに肌の弾力が失われ、顔のたるみが気になってきます。

しかし、そのたるみの原因が加齢によるものだけだと思い込んでいませんか?

加齢によって肌の弾力がなくなってきたというのが直接の原因ではありますが、もう一つのたるみの大きな原因は「顔のむくみ」によるものなのです。

顔がむくむという事は、不要な水分が溜まってしまうという事で、顔におもりをぶら下げているのと同じこと。

これを毎日続けていると、むくみの境目でシワもでき、おもり+重力で肌がたれさがってきます。

むくみを取り除く方法よりも「むくまないようにする」事を第一に考えよう!

顔がむくむ原因として主につぎの4つが挙げれらます。

  1. アルコールの摂取。
  2. 睡眠不足
  3. 塩分の取り過ぎ
  4. 運動不足

この中でも毎日飲酒をする方は、特に注意が必要です。

ビールとおつまみ

私の知り合いでも、酒が好きで毎晩のように晩酌している方は目の下のたるみがすごく、逆に太ってはいるけど普段家では全く晩酌をしない友人は、ほとんど顔がむくんでおらず、たるみもそれほでではありません。

顔のたるみが気になる方で、酒の付き合いがやめられない人は普段の自宅での飲酒を止められることをお勧めします。

個人差はありますが、睡眠不足、塩分の取り過ぎ、運動不足はアルコールの撮り過ぎほど顔のむくみに対して影響は少ないようです。

私の場合ですと、普段は肉体労働で睡眠時間は約7時間、塩分は少し摂りすぎ、コーヒーは毎日3~4杯(ブラック)、運動は毎日30程度の筋トレで飲酒は基本的に土日だけという感じです。

まず、この状況下でいくら水分(水)を摂ろうが起きた時のむくみはありませんし、少々塩分を摂りすぎても、睡眠時間が短くてもほとんどむくみません。

沢山コーヒーを飲むので、水分補給は欠かさず水をかなり飲んでいます。(1L位)

ただ、土日の飲酒をした時だけは別で、ビール(350ml)を2~3本飲んだだけで確実に顔がむくんでしまいます。

私の場合で言うと、やはりアルコールがむくみの最大の原因となっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ