家に出る虫を触らずに捕獲する。夏の害虫対策!

害虫を駆除している男性

毎年温かくなってくると、途端に家の中に虫が出て来るようになってきます。

この虫の中には触っても平気なものもあるのですが、ほとんどは触りたくない虫ばかり。

家の中に出る虫といえば、ムカデ、ゲジゲジ、カメムシ、キリギリス、コオロギ、てんとう虫、クモ、あとは5mm~1㎝くらいのへんてこな虫が数種類。

毎年のように嫁とのやりとりで、嫁「ねえおとうさん、この虫どうにかして!」、俺「きゃ~こわ~い」、嫁「ねー頼むよー」、俺「お前の方が虫に強いじゃねーか」とまあこんなくだらないやりとりで、非常に腰が重いのであります。

そんなやりとりに飽きてきたので、何とか虫を簡単に捕まえる事ができないかと考えた末に、発明!?したのがこの虫捕獲器です。

虫退治

ペットボトルの上の部分を水平に切っただけのもので、なんだこれ?と思われるかもしれませんが、これが意外と活躍してくれるのです。

特にムカデが出た時は、何でもっと早く思いつかなかったんだろーと思うくらい便利でした。

ムカデはバカなので、目の前に置けば勝手に入ってくれ、ペットボトルを立てると上ってこれなくなり、落ち着いて処理する事ができます。

実際にムカデを捕獲した画像がこれです。

捕獲器で捕まえたムカデ1

捕獲器で捕まえたムカデ2

ムカデを処理するときは外に持って行き、舗装の上でムカデ用のスプレーでお仕置きをしてあげます。

カメムシを捕まえる場合もこの捕獲器だと、ほとんどおならを出しません。

冬の処理の仕方は簡単!カメムシを捕獲した時は、外に出て雪の中に埋めてジ・エンドです。

コオロギの様なぴょんぴょん跳ねる虫は、まず上から捕獲器を被せます。それからちょっと隙間を開けそこに、薄い紙などを差し込んで閉じ込めます。それでそのまま外に持って行って捨てるだけです。

この方法なら女性の方でも手を汚さず、簡単に虫を駆除できるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ