針金ハンガーを活用して洗濯物を早く乾かそう!

今回は最近自分で洗濯するようになって考えた、針金ハンガーを活用して洗濯物を早く乾かす方法をご紹介したいと思います。

今年の10月頃に、長袖のごつい上着が乾きにくくなってきたので、何かいい方法はないものかと考えネットを検索。

それらしきものはあったのだけれど、構造が気に入らない物や値段も結構するので、家に沢山ある針金ハンガーを使って自分で作ってみました。

完成した「洗濯物が早く乾くハンガー」がこれです。じゃん!

早く乾くハンガーの完成

大抵の人が持っている、針金でできたハンガー2つを曲げて合わせただけの物ですが、これがまた早く乾く。

家にあるものを使ったので、製作費もほぼ0円で誰でも簡単に作れます。

服を吊るした時に中に空洞ができて風通しが良く、通常のハンガーに比べて洗濯物の乾きがかなり早いです。

洗濯ハンガーの作り方

早く乾くハンガーの材料

用意するものは、クリーニングに出した時にもらう針金でできたハンガー2つと、ビニールテープ、ハサミです。

早く乾くハンガーの作り方1

まず、ハンガーを画像の様に軽く曲げ、もう一つのハンガーも同じカーブになるように曲げます。

早く乾くハンガーの作り方2

フックはカーブの外側に向けて軽く曲げておきます。

早く乾くハンガーの作り方3

画像のように、4点をビニールテープで固定。

早く乾くハンガーを上から見た画像

この時、針金を少しずつ曲げながら、ハンガーのフック同士が無理なくくっつく様に調整します。

たったこれだけで完成です。

早く乾くハンガーで服を吊るした画像

服を吊るした状態はこのように中に空間ができ、風通しが良くなります。

もともとハンガーの形状をちょっと膨らませただけなので、服が型崩れしにくいのが特徴です。

皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

ハンガー ジーンズ用 2本組

ジーンズ用は便利かも。

乾きやすく伸縮もする便利な新型アームハンガー 空間ハンガー 3本セット(ブルー)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ