コーヒー代を節約!コーヒーを入れるおすすめの水筒

mosh

最近コーヒー代節約のために、コーヒーを専用のボトルに入れて持ち歩く方が増えています。

私も結構前からやっていたのですが、ずっと使っているとコーヒーの匂いが水筒に移ってしまうんです。

それはコーヒーの良い香りと違って、コーヒーの様なそうじゃ無いような独特な匂い。

そんな、水筒でコーヒーを持ち歩きたい方に、コーヒーを入れるおすすめの水筒をご紹介したいと思います。

おすすめのコーヒー専用の水筒は「mosh」

私の愛用しているコーヒー専用の水筒は、㈱ドウシシャから発売されている、「mosh」DMMB450です。

以前はサーモスのボトルを使っていたのですが、飲み口部分が樹脂製で凹凸が多く、汚れや匂いが付き易かったので「mosh」に変えました。

コーヒー専用水筒

「mosh」は、飲み口部分がステンレスでボディと一体構造になっていて、掃除もし易い様になっています。

ステンレス製の水筒の飲み口

樹脂は蓋の部分だけなので、飲むときにも嫌な匂いがしません。

水筒の蓋

また、moshの良いところは、蓋やパッキンなどが別で買える所。

パッキンや蓋は消耗品でどうしても傷みやすいので、このように別売りで買えるところは消費者にとってあり難いサービスです。

moshは色のバリエーションが豊富で保温力もバツグン

moshは形も色もお洒落で、14種類の色があります。

肝心な保温力はと言うと、以下の通りです。

品名mosh!ボトル 350mlmosh!ボトル 450mlmosh!ボトル 500ml
サイズ約φ68×H171mmφ68×H201mm約φ68×H236mm
保温効力(6時間)70度以上73度以上73度以上
保温効力(12時間)54度以上60度以上 57度以上
保冷効力(6時間)11度以下9度以下10度以下
保冷効力(12時間)13度以下11度以下12度以下

[モッシュ] mosh!ステンレスボトル 450ml グリーン

長期間の使用で匂いが付いてしまった水筒の掃除の仕方

コーヒーを入れた水筒を長期間使用すると、コーヒーの匂いが移ってしまいます。

匂いの付いてしまったボトルでコーヒーを飲んでいても、なんとなく後味が変わってしまいます。

そのような場合は、酸素系の漂白剤でボトルを掃除するのが一番。

やり方は簡単で、水筒にごく適量の漂白剤を入れ、ボトルいっぱいまでお湯を入れ30分程度浸け置きします。

後は水で洗って完了です。

保温効果を高めるためにボトルケースに入れよう

このままでも十分保温効果は高いのですが、さらに保温効果を高める目的とボトルのキズ防止に保温ケースに入れる事をお勧めします。

キャンドゥ ボトルカバー

100均に売っているキャンドゥのボトルカバーなんかも結構おしゃれかも。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ