スマホの画面を保護してくれる液体ガラス「ProtectPax」がすごい!

protectpax
(出典:Indiegogo)

買った当初のスマホの画面は、キズ一つなく美しいもの。

その美しい画面をずっと保つために私たちは保護フィルムを貼っていますが、そのシート自体も傷が付いて見にくくなったり、強い衝撃を受けると画面が破損してしまいます。

そこで今回はスマホの画面を従来のフィルムではなく、液体を塗って乾かすだけで強力な保護層を形成する「ProtectPax」をご紹介します。

ProtectPaxは、二酸化チタンの微粒子(ナノパーティクル)を含む液体で、開発チームは「液体ガラス」と称している。もともとは航空産業や航空宇宙分野向けに開発されたもので、ガラスの表面に塗布すると強固な保護層を形成する。

protectpaxの保護構成図
(出典:Indiegogo)

形成された保護層の硬さは、モース硬度9。

サファイアやルビー程の硬さがあり、地球上で最も硬いと言われるダイヤモンドがモース硬度10なので、耐久性の高さがうかがえます。

protectpaxの画面を傷つけている画像
(出典:Indiegogo)

ProtectPaxを塗布した電話を木の板の上に投げつけたり、ナイフやハサミで叩いたり、擦ってもキズが付かず画面が破損する事もありません。

使い方は簡単で、付属のクリーニングクロスで電話の画面をきれいにします。

そして、付属のシーリングクロスでProtectPaxを塗布し、液体を画面に均一に塗り込みます。

10分後に、画面が綺麗になるまで柔らかいマイクロファイバー布で磨けば完成です。

ProtectPaxでコーティングされた画面は、光沢があり撥水性もあるので汚れが付きにくいという特徴もあります。

スマートフォンに限らず、デジタルカメラやノートパソコン、メガネ、時計、タブレットなどのキズを付けたくないものの保護にも使用可能。

ProtectPaxは、現在クラウドファンディングサービスの「Indiegogo」で支援募集中とのことです。

Indiegogoでの目標金額は2万ドル。記事執筆時点(日本時間2月17日12時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標の2倍を超える約4万6500ドルの資金を集めている。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ