バッテリーリフレッシュ(充電池のセルの交換)はこんなにお得

DIYロゴ

今では当たり前になってしまったコードレス商品ですが、使っているうちに自然と使用時間が少なくなってきます。こんな時皆さんは、諦めて新しい商品を買うでしょうか、または、新しい充電池を買うでしょうか。インパクトドライバーのような商品は、充電池がメチャクチャ高いので、本体ごと新しい物に買い替えようか迷ってしまいます。

インパクトドライバー

そんな時におすすめなのが、バッテリーリフレッシュという充電池のセル(中身の事)の交換です。外のケースはそのまま使用し、中身のセルだけを新しく交換するサービスで、料金が非常に安いです。

新品のバッテリーと比較すると、バッテリーの種類にもよりますが、5割ほど安くなります。ケースを開ける際に少しだけ傷が付きますが、ほとんど分からないので問題はありません。

バッテリーの数が多いほどお得で、物によっては新しいバッテリーを1個買う金額で、セル2個交換する事ができます。

新品のバッテリーとセルの交換を18V-5.0Ah充電式インパクトドライバを例に検証

ここで、マキタのインパクトドライバを例に挙げてみます。

購入先新品購入(アマゾン)セル交換
バッテリー購入金額15,980円4,890円
発送料金710円
送料無料600円
合計15,980円6,200円
バッテリーが2個の場合31,960円12,400円

インパクトドライバの新品購入の価格は、¥ 47,265で充電池が2個新品でついています。充電池を新品で2個単品で購入すると、新品インパクトドライバ(電池2個付)との差額は¥ 15,305しかなく、本体の新品価格に迫る勢いです。

本体の金額が低い場合、新品バッテリー2個を単品購入するのも、新たにインパクトドライバ(電池2個付)を購入するのもあまり差がなくなってくるので、セルの交換ができる事を知らない時は、結構悩みました。

これはほんの一例で、バッテリーが特殊な形状で量販していない測量機器ではバッテリー自体が高いので、新品購入とセルの交換金額の差額は、かなり大きなものになります。

私がおすすめしているお店はここです。バッテリーリフレッシュ・セル交換の専門店

専門店への充電池の発送はゆうパックで簡単に発送できる

 表の中で発送料金とありますが、自分で専門店に充電池を送ることを言います。面倒なように感じますが、やり方は非常に簡単で、プチプチや新聞紙等で商品を保護し、それを郵便局へ持って行き発送先の住所を書くだけで、後は郵便局の人がやってくれます。

まとめ

バッテリーのリフレッシュサービスは、性能自体が新品同様になり、価格も非常に安いので地球にも家計にも優しいサービスです。

私の周りでは、このサービスを知らない人が沢山いるので、販売者が商品を販売する時に、このようなサービスがあるという事を消費者にもっと伝えて欲しいと思います。

トナー・バッテリーのエコソル

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ