陽気なおじさんと半身にされても噛み付く獰猛な魚ピラニア!

痛がるおじさん

最初はおじさん達和やかな雰囲気と音楽で、のどかにつりを楽しんでます。

カメラ目線で餌を見せては、「今日はこのエサで釣りをするんだぜ!」てな感じです。

そこで、一人のおじさんが大きいピラニアを釣り上げました。「ワオッ、ワオッ」の連発です。

釣り上げた魚の針を外そうとすると、。「ゴリッ」とピラニアがフックを噛む音が何とも言えません。またこのおじさん、その音でさらに興奮するんです。

針を外したピラニアの歯をカメラに見せては、「どうだ!凄いだろ!」的な感じです。この後自分に災難が降りかかろうとしているのを知らずに、まだ相棒と肩を組んでカメラ目線でご機嫌です。釣り上げたピラニアをカメラに見せながら。

でも、よく見るとこのサングラスのおじさんの右手に持っているのは、カバーの付いたナイフです。その手で相棒と肩を組んでいるのが、何とも危なっかしい感じです。

なんかやってくれそうな雰囲気をぷんぷんかもし出しています。

そしてついに、釣ったピラニアをさばいている途中、「ふっ」と何かに気をとられ、魚の方に手が行った瞬間、「ゴリッ」、「ワッ、ワッ」と痛がるおじさんであります。これは相当痛そうな感じです。

しかし、このおじさんちょっと半笑でまたカメラ目線です。魚の切り身を見せながら、「魚をさばいていたら、オレがこいつにさばかれちまったぜ」てな感じです。

そして、手袋を外した手がなんとも痛々しい。指の肉がちょっとめくれています。

しかしこのおじさん、すごく痛いのにカメラ目線は忘れないんです。魚と血の出た指をカメラに見せながら、苦笑いです。

そして、魚釣りはそっちのけでピラニアの凶暴さを何か語り始めました。そこには、身をすべてさばかれたピラニアが横たわっています。

その魚の口にナイフを差し込んだ瞬間、「ゴリッ」とナイフを噛むのです。恐るべきピラニアの生命力。

そして、何かを一人で語った後、もう一人のされるがままのおじさんと、これまたカメラ目線で一方的に肩を組んで「今日はこいつにやられちまったけど、お前と釣りができて楽しかったぜ!」的な感じです。

何ともワイルドで陽気なおじさんでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ