災害時にも役立つ太陽光発電ランタン、モバイルバッテリーにもなる「PackLite」がなかなかいい!

packlite2

(出典:Kickstarter)

災害時などに一番役立つものと言えば、やはりスマートフォンではないでしょうか。

情報の収集や連絡手段、簡易ライト、気分転換にと何かと役に立ってくれて、心強い味方です。

でも、電気が無ければその心強い味方も役に立ってはくれません。

通常のモバイルバッテリーも充電していなければ役には立たないし、使い切ってしまえばそれで終わりです。

そこで今回は、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援を募っている、「PackLite Max Phone Charger」をご紹介します。

PackLiteは、太陽光によって本体に内蔵されているバッテリーに充電ができるので、その電気をランタンとして使えたり、USBが付いているのでスマートフォンやタブレットに急速充電することもできます。

太陽光での充電時間は12時間から14時間でフル充電でき、USBでの充電(1~2時間)にも対応しているとのことです。

また、アウトドアで使用することも考えられているので、水深1mに沈めても故障しないほどの防水性能(IP67相当)を備えています。

ランタンとしての性能は、15(フラッシュ)、15、18、75、150ルーメンの5段階で照明の明るさを調節する事ができます。

15(フラッシュ)モードというのは、救助を求める時などに使用する事を目的としているそうです。

ランタンとしての使用時間は、明るさによって違いますが3時間から50時間点灯できるとのこと。

packlite3

(出典:Kickstarter)

PackLiteを登山やトレッキングに持って行く場合は、画像のようにリュックにぶら下げて歩きながら充電できますし、持っている人も少ないので変な優越感に浸れそうです。

災害時だけではなく、普段からの生活にも役立ちそうなこのPackLite、夜の花見やバーベキューに持って行っても活躍してくれるのではないでしょうか。

Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月6日まで。記事執筆時点(日本時間2月10日11時)でキャンペーン期間は24日残っているが、すでに目標金額1万5000ドルの3倍近い約4万5000ドル弱の資金を集めている。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ